農業の情報化は、もはや必須のアイテム

 農業の情報化は、もはや避けて通ることはできません。しかし、その情報化に対応できるITシステムで満足のいくものがないという声を耳にします。

 ファーム・アライアンスでは、国内屈指の情報活用で有名な農業生産法人と共同で農業生産情報管理システムを開発し、あらゆる分野において機能強化を図ってきました。

 そして、農業者や任意組織、農業団体において、現場の作業動線に即した情報システムを、事業スタイルやご予算に応じた形でご提供できるシステムに仕上げました。ファーム・アライアンス・メンバーではない農業者や農業生産法人の皆さんにも活用いただけるシステムです。

 

※2012年7月サービス開始

 

システムは、様々な事業形態にも対応可能

ベーシックシステム

 農業の生産記録で最低限必要な項目を記録していくシステムです。個人用、組織管理用としてお使いいただけます。また、このシステムは有機JASの認証用へのカスタマイズも可能です。

 

グローバルGAP対応システム

 グローバルGAPの認証取得に対応したシステムです。グローバルGAPの審査を効率的に行なうことができるとともに、認証取得に必要な情報の記録をシステムが誘導します。

現在様々な生産情報管理システムが市販されていますが、グローバルGAP第4版オプション1に対応できるシステムはファームアライアンスのシステムだけです。

 

※ファームアライアンスの生産情報管理システムは、面積規模の大きさに応じて課金されます。各システムの機能や導入の料金につきましては、お気軽にご連絡ご相談下さい。

What's New

・「日本の食品」輸出EXPO

    (10/11〜13 幕張メッセ)

  に出展しています