農業の情報化は、もはや必須のアイテム

 農業の情報化は、もはや避けて通ることはできません。しかし、その情報化に対応できるITシステムで満足のいくものがないという声を耳にします。

 ファーム・アライアンスでは、国内屈指の情報活用で有名な農業生産法人と共同で農業生産情報管理システムを開発し、あらゆる分野において機能強化を図ってきました。そして、農業者や任意組織、農業団体において、現場の作業動線に即した情報システムを、事業スタイルやご予算に応じた形でご提供できるシステムに仕上げました。ファーム・アライアンス・メンバーではない農業者や農業生産法人の皆さんにも活用いただけるシステムです。

システムは、様々な事業形態にも対応可能

グローバルGAP対応システム

 グローバルGAPの認証取得に対応したシステムです。グローバルGAPの審査を効率的に行なうことができるとともに、認証取得に必要な情報の記録をシステムが誘導します。現在様々な生産情報管理システムが市販されていますが、グローバルGAP第4版オプション1に対応できるシステムはファームアライアンスのシステムだけです。

※システム利用にあたっては、インターネットに繋がったパソコン、スマートホン(Android OS、i OSのいずれか)またはタブレットPCが必要です。また、システム利用料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。

世界が認めたファームアライアンスの農業ICT技術

ファームアライアンスの農業分野へのIT技術は、生産現場に即した入力インターフェイスだけでなく、それを高度なトレーサビリティー(情報遡求性)を活用した消費者への情報発信も含めた農業ICTでも高い技術力を有しています。その取り組みは、世界でも評価され、2012年のグローバルGAPサミット イン マドリッドで第1回G.A.P. Awardを受賞しました。